精華住宅

地域密着33年の実績 京都南部(精華町・木津川市)の不動産
 0774-93-3011
お問い合わせ

売却査定・買取

売却査定・買取について

弊社では、売却査定・買取をおこなっております。

 

【売却査定】

不動産の売却をご検討される際、売却をおこなうためには物件の査定をおこなう必要があります。

インターネットで一括売却査定があったり、駅前の不動産業者の看板に『売却査定』『買取』など

多くの不動産業者が様々な方法で、色々な売却査定をおこなっています。

色々ありすぎて、どの情報を信用して、どの業者を選んだらいいのか?

迷いますよね。

 

色々な情報がある中、確かな判断をする為には、

まずはご自身が『不動産の査定』について知る必要があります。

 

 一般的な不動産価格の査定方法の一例をご紹介します。

簡易的に物件価格の査定をおこなう方法です。

(取引事例比較法・原価法・収益還元法など様々な査定方法がありますが、ここでは割愛します)

 

無題.jpg

 

 

一例ではありますが、上記のような方法で売却査定をおこなって、売主様とご相談の上、売り出し価格を決めていきます。

売主様の事情(早く売却したい場合、売り急いでおらずじっくりと売却する場合、売却希望価格がある場合など)

を考慮して価格に反映します。

 

上記の資料をご覧頂き、お気付きでしょうか?

不動産の査定とは、主に ①公的指標 ②事例 の2つの要素で決まるということです。

売主様の事情を考慮しないとすると 誰が査定しようと概ね査定価格のベースは決まっている ということです。

つまり、ベース価格以外の要素で査定価格に差がでる訳です。

何が言いたいかというと、ベース価格以外で査定価格を決める要素として

  ・売主様の事情(早く売却したい、売り急いでおらずじっくりと売却したい、売却希望価格がある場合など)による影響

  ・現地での調査による+-

  ・物件のエリアでの経験値

が重要になりますので、地元のエリアの事情に詳しい業者が、正しい査定をする確率が高いということです。

   

【ポイント】

 ・ベースの価格はある程度決まっている

 ・物件のエリアに詳しい地元業者が有利

 ・高いだけの査定価格は要注意(根拠があれば別です) 

  ※高く売り出したが売れず、値下げすることになります。売却依頼を受けたい為の 嘘の価格 ということです。

 

 大手の不動産業者がいる中で、地元密着の不動産業者が生き残っている理由がここにある訳です。

 

弊社では、33年の実績・経験を活かした 根拠のある査定価格の提示 を心がけております。

物件によっては買取もおこなっておりますので、是非一度お声掛けください。

 

2021.06.21 Monday